アクセサリーで運気アップする方法

西洋占星術とパーソナルカラーで作る天然石アクセサリー

運気がさがるアクセサリーを選ばないために

これはNG!運気がさがるアクセサリーを選ばないために

何気なくつけていたアクセサリーが運気を下げていたらショックですよね?

アクセサリーの付け方で、これは運気が下がるなと思う方法をまとめました。

alt="運気アップ,アクセサリー,運気下げる,意味”

運気下げないアクセの選び方とは

アクセサリーが汚れている

運気アップで全般的に言えることですが、汚いものに良い運気は寄ってきません。

風水でもよく言われるていますが、新しいものや綺麗に手入れされたものには良い気が入ってきます。

皮脂よごれで金属が曇っている

アクセサリーは直接肌に着けるものなので、意外と皮脂汚れが溜まっているかもしれません。

そのままにしていると、変色の原因にもなります。

また、アンティークのもので、あまりにも古いものも手入れをせずにつけるのはNG。

金属の部分はしっかりお手入れして綺麗に磨いてあげましょう。

alt="運気アップ、アンティーク,意味”

変色したら適宜お手入れ
傷んだパワーストーン

天然石のパワーストーンブレスレットも、石が曇るほど傷んできたらパワーが落ちてきています。

汗や皮脂よごれが溜まったブレスレットも運気を下げてしまいます。

ビーズの穴の部分にゴミがたまりやすいので、こまめに柔らかい布で汚れを落としてあげましょう。

浄化しても傷みは元に戻らないので新しいものにとり替えた方が無難です。

運気UPのブレスレットが逆効果です。

alt="アクセサリー ,天然石,浄化”

傷んだ石は浄化しても復活しない

恋愛運UPには黒いアクセサリーはNG

恋愛運をあげたいなら、黒いアクセサリーをつけるのは避けましょう。

黒あわせやすいので選びやすい色ではありますが、恋愛にはNG。

黒は心理的に”防御”を表します。

身を守りたい時に無意識に身につける色だったり、近寄りがたい不雰囲気を与える色です。

人を寄せ付けないので、出会いがない、別れに繋がりやすいなどの悩みを招きやすいので注意しましょう。

alt="恋愛運下げる,アクセサリー”

黒いアクセサリーは恋愛運を下げる


ピンク色の天然石アクセサリーがオススメ

恋愛を引き寄せたければ、ピンクや赤などの暖色系がオススメです。

ピンク色のストーンやビーズがついたアクセサリーが断然恋愛運UPしますよ!

ピンクが苦手でも、恋愛運をあげたい時はどこかポイントにピンクが入ったアクセサリーや、洋服を身につけると良いです。

実際に、私もピンク嫌いの女性が頑張って(笑)ピンクの天然石をつけてから、彼氏ができたり、結婚したりした人をたくさん見てきましたよ。

alt="恋愛運アップ、アクセサリーの意味”

大人ピンクのインカローズで恋愛運アップ
ピンク色にもいろんなピンクがある

ピンク色が苦手でも、いろんな色味のピンクがあります。

ピンク色の天然石には恋愛運がUPの意味を持つものが多いです

インカローズのような大人っぽいピンク色もありますし、白〜透明に近いピンクのローズクォーツなどならつけやすいでしょう。

パーソナルカラーで自分に似合うピンク色を選ぶのもお勧めです。

 

alt="恋愛運アップ、アクセサリーの意味”

いろんなピンクがある
ピンクは女性ホルモンを活性化させる

ピンク色には女性ホルモンを活発にする効果があります。

ピンク色を身につけるとお肌が老けないとも言われていますよ。

本人も気づかないうちに女性ホルモンが出て恋愛体質になるのかもしれませんね!

 

魔除けのアクセサリーにピンクなどの可愛い色はNG

恋愛運ではピンクがオススメとご紹介しました。

しかし、魔除けの場合はピンク色や可愛いパステルカラーのものは効果が弱いかもしれません。

ピンク色は守りには弱いので、魔除けの目的には適していません。

たまに魔除けのパワーストーンブレスレットに、ピンクやパステルカラーの天然石をいれて持っている方を見かけます。

効果が半減してしまいます。

黒い天然石で守りを固める

魔除けは恋愛とは逆に黒がオススメです。

黒は防御の色なので、守りに適しています。

パワーストーンのブレスレットは黒いオニキスや、モリオン(黒水晶)が良いでしょう。

浄化力の高い水晶も悪いものを吸収してくれます。

本当に魔除けとして持つなら黒一色か、水晶とモリオンやオニキスなどの天然石でシンプルにまとめたほうが断然魔除けの効果が上がります。

alt="モリオン,魔除け,天然石”

黒水晶 モリオンは強力な魔除けに

輝きがない金のアクセサリー

金運UPなら、やはりゴールドのアクセサリーがオススメです。

でも、汚いまま身につけていませんか?

メッキがハゲてきていたり、金属に輝きがなくなっていたら、金運が下がってきてしまいます。

メッキの剥がれたアクセサリーは 磨いても復活しないので、新しいものに変えましょう。

alt="運気アップ,運気を下げる,アクセサリー,意味”

輝きを失ったアクセサリー
光りものは金運UP効果あり

ゴールド製品は、セーム革や金専用クロスで優しく拭いてあげると輝気が取り戻せます。

光るものに金運はついてくると言われています。

いつもピカピカに磨いておきましょう。

お手入れの仕方についてはこちらのでもご紹介してます。

ピカピカに磨いて金運UPしましょう!

akuseordermade.hatenadiary.jp

 

alt="運気アップ,金運,運気下げる,アクセサリー”

黄金に輝くもので金運UP

運気をさげるアクセサリーまとめ

いかがですか?運気を下げてしまうアクセサリーに共通するのは、お手入れされていないものです。

古いものでもしっかりお手入れされていれば問題ないのですが、傷がついて艶がない、錆びているものなどは運気を下げてしまうので要注意です。

色の効果も取り入れて、運気アップのアクセサリーにしたいものですね!

ピアスは顔の形に合わせるだけで印象アップ 顔のコンプレックスを解消するには

ピアスは顔の形に合わせるだけで印象アップ 顔のコンプレックスを解消する方法

ピアスの形は、顔のバランスが取りやすいデザインがあります。

顔の形によって合わせると、顔のバランスを整えることができます。

今回は顔の形ごとに似合うピアスの形をご紹介します。

 

alt="アクセサリー ,オーダーメイド,ハンドメイド,唯一無二”

顔の形のタイプ

 

補正のポイントは卵形に合わせる

卵形の顔の形はみんな憧れますよね。

基本的にはこの卵形になるようにピアスの形で補正します。

足りないところは足してあげる、はみ出るところは目立たなくするようなデザインのピアスを合わせます。

卵形のタイプは基本的にどんなデザインも似合います。

羨ましいですね〜。

でも、この補正方法を知って上手に合わせれば、どんな顔形のタイプの方も素敵に見せることができますよ。

丸顔

丸顔だと、太って見えたり、子供っぽく見えるなど、コンプレックスになりやすいものです。

卵に近づけるためには、横幅を目立たせないデザインのピアスを選びましょう。

alt="顔型,ピアス,印象アップ”

丸顔タイプのピアス
丸顔に似合うデザイン
  • ドロップ型ピアス
  • フープ型ピアス

横幅を削って見せるデザイン

縦長のドロップタイプ。縦幅より幅のボリュームが小さいものがオススメです。

縦のラインを強調してください。

またフープタイプも丸顔に切り込むデザインになるので丸顔の補正になります。

alt="丸顔,顔型,ピアス,印象アップ”

フープピアスは丸顔にオススメ
丸顔に似合わないデザイン
  • 丸い、大きいスタッズタイプピアス

大きい耳たぶにピタッとつくスタッズタイプ

丸く大きなデザインやボリュームのあるデザインも横幅を増すのでNGです。

alt="丸顔,顔型,ピアス,印象アップ”

丸顔に丸くボリュームのあるピアスはNG

逆三角形

顎が尖ってシャープな印象なので、キツく見られてしまうことも。

卵形に寄せて優しく見えるようにしましょう。

alt="顔型,ピアス,印象アップ”

逆三角形のピアス
逆三角顔に似合うデザイン
  • しずく型ピアス

耳たぶからアゴのラインに角度があるので、そこを埋めるようなタイプをつけましょう。

しずく型の下がるデザインはオススメです。丸みを帯びたデザインをチョイスすると優しい印象になります。

alt="アクセサリー ,しずく型,補正,ピアス”

しずく型のピアス 逆三角型に似合う
逆三角顔に似合わないデザイン
  • 小さいスタッズピアス
  • 逆三角の幾何学モチーフのピアス

小さいスタッズタイプはあまり補正になりません。

シャープな幾何学モチーフは硬い印象になってしまいます。

alt="逆三角形,顔型,ピアス,印象アップ”

逆三角顔には似合わないピアス

エラ張り ベース型 四角型 

丸顔と同様に、横幅を膨張させない形がいいです。

アゴがしっかりしているのでゴツく見られるのが悩みです。

alt="顔型,ピアス,印象アップ”

ベース型 四角型 ピアス
エラ張り ベース型顔に似合うデザイン
  • 耳たぶより小さめのスタッズピアス

耳にピタッと付いて、エラの張りを抑えて見せるスタッズタイプ。

あまりボリュームがないもの。

厚みがないものがオススメです。

alt="顔型,ピアス,印象アップ”

エラ張りタイプには大きすぎないスタッズタイプを
エラ張り ベース型に似合わないデザイン
  • 横幅のあるデザインのピアス
  • ボリュームのある四角型のピアス

アゴの張りが強調されてしまうのは、四角型や、幅のあるデザインはお勧めできません。

alt="顔型,ピアス,印象アップ”

エラ張り・ベースタイプには幅のあるピアスはNG

面長

縦面長は、年齢より老けて見えるなどのコンプレックスがある方も多いのでは?

寂しく見せるなど。

たての長さを抑えて見せるようなデザインで、卵形に近づけます。

alt="顔型,ピアス,印象アップ”

面長型 ピアス
面長に似合うデザイン
  • 丸みのあるスタッズピアス
  • 大きすぎないフープピアス
  • ボリュームのあるスタッズピアス

横幅を足してあげるデザインがオススメ。

幅のあるタイプ、丸みのあるデザインがオススメ。

スタッズタイプで長さのないものがいいですね。

あまり大きくないもので、アゴより下に下がらないフープタイプも横幅を足してくれます。

少しボリュームのある太さのフープが寂し顔になりがちな面長タイプの顔を華やかにしてくれます。

alt="顔型,ピアス,印象アップ”

横幅 丸みがある ピアス
面長に似合わないデザイン
  • 縦長のピアス
  • 華奢すぎるピアス

縦に下がるデザインや、長く下がるデザインは顔の長さを強調してしまいますので避けましょう。

細くて華奢で長いデザインのピアスでは補正できません。

alt="アクセサリー ,面長,コンプレックス”

面長NG 細く長く下がるピアス

ピアスは顔の形に合わせるだけで印象アップ 顔のコンプレックスを解消する まとめ

いかがでしたでしょうか?

ピアスは顔のコンプレックスを補正するのに便利なアイテムです。

目立たせないように何もつけないのではなく、ピアスを上手に使って素敵に見せましょう。

 

ネックレスの呼び名 長さの違い

ネックレス 長さの呼び名違い

今回は豆知識をひとつ♪

ネックレスは、長さによって呼び名が違います。

今回は、知ってるとちょっと鼻高かも!?ネックレスの呼び名についてご紹介します。

alt="長さの呼び名 ,ネックレス,コーディネート”

ネックレスとは

 ペンダントとネックレスの違い

 ペンダントとネックレスの違いをご存知ですか?

たまに区別なく呼んでいるのを見かけますが、ネックレスは首回りのつけるアクセサリーの総称です。

ペンダントは元々は、”ぶら下がる”という意味。ペンダントライトはぶら下がるライトのことですよね。

ペンダントは、ネックチェーンにペンダントヘッドやペンダントトップをぶら下げたものをさします。

40cm前後の長さのチェーンの小さなトップの華奢なタイプのものを『プチペンダント』と呼ばれています。

alt="長さの呼び名 ,ネックレス,コーディネート”

ペンダント
細かく長さの違いがある理由

主に、チョーカー以外の長さの呼び名は日本で使われています。

真珠のネックレスの長さを呼び分けていたものです。

日本はもともと真珠の養殖が盛んで、ネックレスの長さのこだわりが感じられます。

cmの刻みも細かくていかにも日本ですね。

真珠を大切にしてきた歴史が感じられます。

チョーカー 35cm 

短めの35cmくらいのものをチョーカーと呼びます。

長さというよりはデザイン優先でしょうか。

なぜなら、人によって首の太さや体型がは違うから。

首にぴったりつけるデザイン全般をチョーカーと呼んでいます。

alt="長さの呼び名 ,ネックレス,コーディネート”

チョーカー 首に沿った長さ

プリンセス 40〜45cm

私は43cm〜45cmと教えられましたが、チェーンの既製品は40cmが多いので、40〜45cmにしました。

パールやビーズが通してあるネックレスは太さがあるので、40だと少し短くなってしまウノですが、プリンセスになるのが、43〜45cmが鎖骨の長さ。

首の鎖骨のあたりに美しく弧を描いてくれます。

チェーンのタイプや細いビーズだと、40cmのネックレスにアジャスターをつけると、43cmくらいなると思います。

鎖骨に沿った長さになり、首元を美しく見せることができます。

カットが入ったチェーンなら、動くたびにキラキラと反射して女性らしさを演出できるでしょう。

また、最近だと、極細のネックレスや一粒ダイヤのプチペンダントのことをスキンネックレスと呼ぶこともあるようです。

肌と同化して見えるほど細く繊細なネックレスという意味でしょう。

これはコマーシャルネームといって、販売促進用のネーミングで正式名称ではありませんが、呼び名の一つですね。

alt="長さの呼び名 ,ネックレス,コーディネート”

プリンセス ネックレス

マチネ 53cm

マチネとは、観劇する方ならご存知の通り、演劇の昼の部のこと。

ちなみに、夜の部はソワレです。

昼間用のネックレスという意味だと思います。

カジュアルすぎず、フォーマルすぎない、長すぎず、短すぎない。

気軽につけられる長さです。

alt="長さの呼び名 ,ネックレス,コーディネート”

マチネ ネックレス

オペラ 71cm

オペラはいわゆるロングネックレス。

ゆったりとした長さで、襟の形を選ばないので使いやすい長さです。

一連でつけるにはそのまま首から被ってつけられるので、出かける前に金具をつける煩わしさもなく好む方も多いのでは。

縦長のラインを強調するので、体格のいい人にはオススメのデザインです。

デザインによって、大人っぽくしたり、スタイリッシュにも。

また、2連に巻いて、短く首回りを華やかにもできます。

alt="長さの呼び名 ,ネックレス,コーディネート”

オペラ ネックレス


ロープ 107cm

ロープタイプは2〜3連でまいてゆったりつけられる長さ。

ぐるっと巻いて、エレガントに。

パールの連のネックレスが身近な存在ですね。

alt="長さの呼び名 ,ネックレス,コーディネート”

2連のパールネックレス

ロングロープ 142cm

これも、何重かに巻いて使います。

巻き方でいろんなバランスが取れるのでデザインの幅が広いです。

短く首に巻いたり、大きく巻いてロングに使うなど。

なかには金具がなくてそのままスカーフの要領で巻くだけ、前でラフに結ぶだけのデザインもあります。

ベルトのように巻く場合もあれば、背中に垂らしても素敵です。

alt="長さの呼び名 ,ネックレス,コーディネート”

首に巻きつけただけのデザイン

ネックレスの呼び名 長さの違い まとめ

今回は、ネックレスの呼び名についてお伝えしました。

知ってると、一目置かれますよ!

ネックレスやペンダントの呼び名を使い分けてみてくださいね。